Webライター 田中あさみのブログ

医療・金融・ライティングについて情報を発信していきます

今まで書いた記事① 金融系記事

これまで執筆した記事をご紹介いたします。

医療・金融・不動産・読書関係・就職活動などの記事を書かせて頂きました。

※ちなみにここに載せた記事は一部です。他守秘義務につき載せられない記事もあります。

 

<記名記事>

 

HEDGE GUIDE様

相続した不動産を損せず売却する方法は?FPが解説する4つのポイント

家の住み替え、スムーズに行う手順とは?適用したい住宅ローン控除も

ローンが残っている家は売却できる?売却の手順、オーバーローンの対策も

離婚後、ローン残債のある家に配偶者が住み続けるリスクと注意点は?家の財産分与を解説

別居中に家の売却はできる?トラブルを回避する財産分与の手順を解説

離婚の財産分与、土地や家を売却せずに持ち続ける場合の注意点は?

認知症になった親の不動産の売却手順は?成年後見制度を使った売却の流れや注意点

家の売却、不用品の処理はどうする?残置物の回収にかかる費用や手順を解説

権利証(登記済証)がない不動産の売却方法は?対策の手順を解説

相続不動産の売却、遺言執行者はどんな時に必要?売却手順と注意点を解説

離婚の財産分与、不動産の譲渡所得税が課税されるケースは?特例も紹介

 

Mocha様

新薬ができるまで時間はどれくらいかかる?新型コロナのワクチン・治療薬の開発状況

新型コロナで保険料を割増する保険会社も。生損保、各保険会社の対応をチェック

ゴールドからプラチナカードにすると得なのか?プラチナカードに乗り換えるべき人はこんな人

 

マネラボ様

住宅ローン借り入れ時の団体信用生命保険があれば今の保険は必要ない?

「銀行が破綻しても預金は保護される」は間違い!知っておきたい預金対策

やばい、リボ払いしてた!もしもの時の上手な返済は?

ここで保険は見直して!7つのベストタイミングと賢い見直し方法

頭金なしでマイホーム購入するメリット・デメリットとは

「病気で団信・住宅ローン審査が通るか不安」そんな人がやるべきこと

将来海外移住したい投資家必見!不動産投資で永住権がもらえる国

マイホーム購入前に知りたい住宅ローンの負担を軽くする方法を紹介!

不動産投資したいけど資金がない人は賃貸併用住宅がおすすめ。その費用を解説

子どもの学費はいくら必要?効果的な貯め方をFPが解説

大学の学費が払えない!対処法は?手元のお金を増やす方法は?

 

<金融系記事> 

Lifeplan Media様

知っておきたい退職金に関する知識

 

資産運用まるわかり様

預金だけでは危ない!?「投資」が資産を守る時代へ

iDeCoとふるさと納税を併用するのはお得?それとも損?仕組みを徹底解説

IPO投資とは?始め方から失敗しない証券会社の選び方まで

 

ほけんROOM様

台風などの庭木への被害は火災保険で補償される?必要な特約は?

 

ミツモア様

相続税の税務調査の実態〜調査ではどこまで調べられるの?

税務調査までに万全の準備を|必要書類や整理すべきものを徹底解説! 

フリーランスの開業届|職業欄の書き方~複数職業を持つ方へ

 

ぎぶさんの車購入ガイド様

【2020年比較】電子マネーのおすすめランキング!FPが分かりやすく解説

 

<守秘義務によりURLが載せられない記事>

IT・アプリ系

証券会社アプリの紹介記事

金融・保険など

  • 医療の知見を交えた保険に関する記事
  • 生命保険料控除に関する記事
  • がん保険に関する記事 6本
  • (がん保険とは何か、がん保険の種類や見直し、選び方等)
  • 不動産投資の初期費用に関する記事
  • 看護師さん向けの不動産投資の記事
  • 火災保険と雨漏りに関する記事
  • その他多数

 

 

金融系以外では医療・読書・就活等の記事を書かせていただきました。

以下をご参照ください。

 

asa123001.hatenablog.com

 

<体験記>Webライターになって1年経った感想~1年間続けるためのコツとは?~

f:id:asa123001:20200528094559j:plain

 

6月でWebライターになり1年が経ちました。

5月にランサーズに登録し、6月からクラウドワークスにも登録、おそらく本格的に始動し(記憶が曖昧(笑))7月からTwitterを始めました。

この1年「ライターやってて良かった!」歓喜することもあれば、辛くて「もう辞めたい!」と思う事もありましたが、なんとか専業としてやっていけるようになったのはクライアント様とライター&Twitter仲間さん、ブログを見てくださる方のおかげだと思っています。本当にありがとうございます。

 

自己満足になるかもしれませんが、今回のブログではまず1年の経過を振り返ってみようかと思います。3000字程度ですので、良かったらお付き合いください。

 

ライターを始めて1~2ヶ月目

ライターを始めた頃は、4年くらい勤めた比較的給料の良い仕事を辞め無職でそろそろ失業給付も切れるころ。4年前より条件の良い求人が減っており(そして年も取ったため(笑))、手に職が無い私はフルタイムで働いても生活がギリギリになるのは明らかです。

 

「どうしよう、一人暮らし続けられるか?」と不安な日々の中、副業の本を読みWebライターの仕事を知りました。「元手がかからないし、活字が好きだからできるかも?とりあえず副業から始めてみよう」がライティングを始めたきっかけです。

 

その時読んだのはこの本です。

副業を3種に分類し、「楽な副業はない」と紹介している所が良かったです。

副業系の本は意識が高い本が多いので、「やむなく」というタイトルにも魅かれました。序盤は共感の嵐でした。

 

やむなく副業を始める人が読む本 (アスカビジネス)

やむなく副業を始める人が読む本 (アスカビジネス)

  • 作者:関 行宏
  • 発売日: 2013/02/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

ライティングで初めて受けた案件は文字単価0.4円の「エリア紹介」の記事でしたが、詳細を聞いたところ「ラブホテル紹介記事」でした(苦笑)

3000文字の記事に5時間ほどかかったので、時給は240円程度でした。最初はなかなか稼げないですよね。

2か月目に文字単価1円の就活記事を獲得。新卒の頃100社程企業に応募した経緯をアピールしました。やはり経験のある分野は強いです。

2ヶ月目から本業のお仕事を始め、兼業ライター生活がスタートしました。

 

3ヶ月~6ヶ月目:収入が一気に10万円!しかし翌月は3万円に

3ヶ月目から金融分野の案件が多い事に気づき、大学時代に取ったFP2級が武器になると分かり金融分野の記事を中心に平均文字単価を2円程度に伸ばし、収入が10万円突破。

詳しくはこちらをどうぞ。

 

asa123001.hatenablog.com

 

しかし全てクラウドソーシング上での案件だったため、常に新しいレギュレーションとクライアント様という状況に疲弊しました。本業以外の時間を全てライティングに充てたことも自分で自分の首を絞める結果に。

4,5か月目は疲れ果て、収入が3~5万円まで落ち込みました。

「これでは続かない…」と感じ、休みはきちんと確保、直接契約に切り替えていく事を決意しました。

ちなみにクラウドソーシングがだめという訳ではありませんので悪しからず。私にとっては長く続けられる場所ではなかったというだけです。

 

6ヶ月~8ヶ月目:クラウドソーシングから直接契約案件に移行

半年が経ちクラウドソーシング中心の活動に限界を感じ、直接契約案件の応募に挑戦し始めました。

某プラットフォームを使っていたのですが、途中で連絡が来なくなったり条件が合わなかったりとなかなか直接契約先は見つかりませんでした。1件契約しましたが長く続かず、もやもやを抱えながらクラウドソーシングで活動を続けていました。

  

そんな中先輩方のTwitterやブログでライティングの案件獲得には様々なサイトや方法があると知り、別のサイトから保険記事に応募しました。テストを受け契約成立!

今考えると金融ライターの私にとって非専門的なメディアが多い某プラットフォームは合っていなかったのですが、自身では気づきませんでした。

ライター仲間さんのおかげですね。この件だけではなく、ライター仲間さんには何度も助けられています。

本業でも転職したりと忙しい時期でした。

 

9ヶ月目~現在

直接契約案件で収入が安定してきました。現在はライティングメインで活動しています。

ライティングへ割く時間が大幅に増え、おかげさまで契約先も増え収入も一人で生活できる程度には稼げるようになりました。

色々な面で「まだまだだな…」と感じる事は多いですが、今後も読者とクライアント様に貢献できる記事を書いていきたいです。

 

 何はともあれ、1年間続いたポイントを自分なりに考えてみました。

 

ライティングを続けるためのポイント3つ

①良いクライアント様に出会えるか

ライターは対クライアント様のお仕事なので、「良いクライアント様に出会えるか?」は一番重要な要素だと思っています。

幸い私が今お取引しているクライアント様は良いクライアント様ばかりですが、正直営業で色々嫌な思いをしたこともあります。

いくら単価が高くても、合わないクライアント様とやり取りを続けるのは辛いので取引先は相性と単価で判断しても良いかと個人的に思います。

営業は数打ちゃ当たるというわけでもないですが、ある程度母数を増やさなければ良いクライアントにも出会えませんので応募数もそれなりに大事かと思います。

「なかなか良い出会いが無い」というライターさんは、とりあえず応募してみてはいかがでしょうか?

 

②ライター仲間さんと交流する

お仲間さんもかなり大事です。孤独なお仕事なので、お仲間がいないと心が折れます。

本当にライター仲間さんのつぶやきに何度も助けられました。

気持ちが沈んでるときに面白い呟きを見た時、やる気が出ない日に前向きな呟きを見た時…挙げればキリがありません。実は泣きながら「いいね」したこともあります(笑)

他愛のない話から真面目な仕事トークまで、付き合ってくださるTwitterのライター仲間さんを作っておきましょう。

 

③真面目に仕事する

当たり前ですが最後はこれです。

ライターを始めたばかりの頃、某先輩ライターさんに詳細は忘れましたが(ごめんなさい)確かクライアント様に評価して頂ける方法?を相談していたところ、

「真面目に仕事する事です^^」とのお答えが。先輩ライターさん、1年経ちましたがおっしゃる通りでした。

 

真面目に仕事しましょう(笑)

 

あ、自戒も込めてます…。

ちなみに一番の誤算はブログを書く時間がなく、ブログで全然稼げていないことです(笑)アフェリエイトすら通ってないのでこの記事も無料ですが、半分自分のために書いているのでブログで稼ぐのは向いてないかな…。

ライターを始めて1年未満の方のお役に立てれば嬉しいです。

 

ではライティングを始める時に立てた「とりあえず3年続ける」という目標を目指し、これからも頑張ります。

今まで書いた記事② 医療系・読書・就活記事など

<記名記事>

ランドリーボックス様

生理前や生理中に眠くなるのはなぜ?眠気の原因と対処法

乾燥肌の私がおすすめする紙ナプキン5選。生理時のかゆみやかぶれを軽減してくれるアイテムはこれ! 

<医療系・マネジメント編>

DR'S WEALTH MEDIA様

優秀なスタッフとより良い経営を実現するには

 

<守秘義務によりURLが載せられない記事>

医療系

エステ・医療機器のLP構成・執筆・薬機法チェック

・美容・健康系のLPの薬機法チェック

・健康系記事

  • 睡眠とダイエット
  • 睡眠不足のパフォーマンス低下と対処法
  • 肩こりに効くストレッチの記事
  • スクワットの種類と効果・筋肉に関する記事
  • 漢方の記事2本
  • ジェネリック医薬品に関する記事 
  • 口内炎に関する記事などなど
  • 整骨院の紹介記事 30本ほど
  • 肩こりや腰痛の原因・スポーツ障害、保険適応など

IT・アプリ系

証券会社アプリの紹介記事

就職活動編

就活市場様

就活で『長所は、責任感がある』はアピールになる?短所は?例文もご紹介

集団面接で聞かれる質問と回答例とは?新卒者向けの対策をご紹介

【2020年度就活生必見!】「就活が辛い、疲れた」時の対処法

Career Delight様

インターンシップのお礼状にはどんな封筒が適切?書き方や例も紹介!

読書関係

honto様 ブックツリー

奇想天外な世界の謎解きにようこそ。非日常を描いたミステリー 

さりげなく胸がキュンとする。思わずBLを妄想してしまう小説  

そんな一面があったの!?あの文化人の素顔を垣間見ることができる本

夏の夜に読みたい!恋愛から友情まで「夜」の風景が印象的な青春小説 

お母さんはおもしろい!パワーがもらえる、母に笑える本

その他

 書評 5本

 某有名作家さんのおすすめ本7選

 

金融系記事の執筆履歴はこちらをご参照ください。

 

asa123001.hatenablog.com

 

【初心者向け】ライターの公開できる実績を増やす3つの方法

f:id:asa123001:20200420191520j:plain

 

新型コロナの影響で外出自粛が続く中、ライターを始める方が増えています。

現在私は直接契約をメインにしていますが、時々クラウドソーシングを覗くと応募者が平常時に比べて2~3倍と競争率が激しくなってますね。

初心者ライターさんは大変かと思いますが、公開できる実績を増やせば次のステップである直接契約に早く進むことが可能です。

 

ではどうやって公開できる実績を増やすのか?

3つの方法を見ていきましょう。

 

1.記名記事の案件に積極的に応募する

記名記事は「公開可能でクライアント様からも信頼度が高い記事」ですので、記名記事の案件には「多少単価が低いかな?」「少し割に合わないかも」と思っても積極的に応募するようにしましょう。クラウドソーシングの場合は応募要項に「記名記事」と書いている場合がほとんどですが、中には書いていない場合もあります。記名記事は人気がありますので、書いていなくても記名記事の時はラッキーですね。

質の良くないメディアの記名記事を書いても実績とは言い難いので、あらかじめ応募予定のメディアの記事を読んでから応募するようにしましょう。

 

2.クライアント様に「自分の記事として公開して良いか?」を尋ねる

クラウドソーシング案件の中には「無記名記事でも記事を書いたと公開してOK!」と言ってくださるクライアント様もいます。

私はクラウドソーシングを始めて一か月後にTwitterを始めたので、「記事を私が書いた記事として公開する事は可能でしょうか?微力ではございますが、Twitterに記事をアップしてPV数の増加に繋げたいと思います。」とクライアント様に提案していました。

公開してPV数を増やせばクライアント様の利益に繋がり、私も公開できる実績が増えるのでwin-winですね。

ポイントはオプションとして追加料金を貰わないことです。

始めたばかりの頃はTwitterのフォロワー数が少ないので、クライアント様にとって大きなメリットとは言い難いのが実状です。

「もともとフォロワー数の多いアカウントを持っている」という場合でなければ、無償でTwitterに記事をUPしましょう。

 

始めたばかりの頃はあまりPV数に貢献できないかもしれませんが、段々フォロワーが増え「無償でPV数を伸ばしてくれるライター」になる事ができればクライアント様からの評価も上がり、単価アップや追加の仕事を貰える可能性が上がります。

 

3.ブログを始める

ブログは読者を楽しませたり、情報を届けるだけではなく「こんな記事を書けるよ」というポートフォリオにもなります。

クラウドソーシングの案件が途絶えた時や、挑戦したい分野の実績が欲しい時はブログで記事を書きましょう。

 

上記の3つの方法で公開できる記事を増やしたら、ブログに記名記事や公開できる記事を書いてポートフォリオにしましょう。

私も以下のようなポートフォリオをブログに載せています。

(まだまだ成長途中ですが…)

 

asa123001.hatenablog.com

 

メディアに直接応募する時添付ファイルを送れない事もありますので、ポートフォリオのURLがあると一次選考に通りやすくなります。またクライアント様にとっては「ファイルをわざわざDLして見る手間が省ける」ので気軽に見てもらう事が出来ます。

直接契約に移行できれば、クラウドソーシングの手数料はかかりません。

請求書発行の手間やお金が支払われず逃げられるというリスクがありますが、クラウドソーシングと違い長期のお仕事が可能なので収入が安定する可能性が高くなります。

 

現在クラウドソーシングで戦っている初心者の皆さま、公開できる実績を増やし早く次のステップへ進んでみませんか?

文系が3ヶ月で2級FPを取った話

フツーの大学生が何故2級FPを3ヶ月で取れたのか?

 

f:id:asa123001:20200124201346p:plain

 

前回のブログでライターが2級FPを取ると様々なメリットがあるとお話しました。

 

asa123001.hatenablog.com

 

 2級FPを取った当時、私は文系(経済学部)の大学生でした。

経済学部と言っても経済思想史などが専門だったためFPの分野とはあまり被っていません。しかし3ヶ月で学生業&バイトと3足のわらじで2級FPに合格しました。

学力が特別高かったわけではありません。(おそらく低くもないですが…)

 

今回は普通の大学生が2級FPを取ることが出来た経緯をご紹介します。

※ちなみにFPには金財と日本FP協会がありますが、私が取ったのは日本FP協会です。

 

大学の課外講座に申し込んだ

 

私の通っていた大学では、授業とは別に資格を取るための課外講座が設けられていました。学生だけでなく一般の方も申し込み可能で、民間のスクールより費用が安かったです。

2級FPは教材費込みで当時約8万円程。

ざっと相場を調べてみると通学は10万円~ですので、かなりお得です。

ちなみに現在通信では5万~、通学は10万~が相場のようです。

それでも学生なので迷いましたが、講師陣の話術と「主婦になっても役立つ」の一言で受講を決意。

3級とセットで受験する方もいるようですが、いきなり2級を受けました。

 

ちなみにテキスト&過去問はFPK研修センターです。

スクールの方が選んだ教材でしたが、テキストと過去問は大事です。

いまだに記事を書くときに参考にしていますので、テキスト代はケチらないことをおススメします。

 

2級FP技能検定試験問題集(資産設計提案業務) 2019年1月実施

2級FP技能検定試験問題集(資産設計提案業務) 2019年1月実施

 

 

講座を受ける~受験まで

 

それからは1日に2時間の講座を週に2,3回受講しました。

受講生には学生だけでなく3~40代の主婦や社会人の方もいらっしゃいました。

バイトと学生生活の掛け持ちで大変でしたが、なんとか受験資格である認定研修を受講できました。

 

そして試験の前に渡されたのが、

過去問に出てきた箇所を凝縮したマル秘本

テキストはA4で2~300Pが6冊もありましたが、マル秘本はB5で200P強の本。「試験までひたすら読み込んでください」と言われ、15名程の受講生が

 

見事全員合格!

 

スクールの講師さん優秀すぎる…!!

おかげさまで合格できました。

 

効率よく2級FPを取得するには

 

つまりFPに合格するには過去問を分析するのが近道です。

そして文系の私がつまづいたのがポートフォリオ理論でしたが、スクールの方に聞いたところ「きちんと理解するまでに時間がかかる割に、過去問の点数配分が低いです。捨てていいです。」と言われました。なんて合理的なアドバイス

過去問の点数配分が多い箇所を徹底的に勉強すると、効率よく合格できるのです。

 

そして自分で過去問を解きまくる手間を省いてくれるのが、私が貰ったマル秘本つまりスクールや通信教育です。スクールに通う方が挫折率が少なくおススメですが、お金がかかり時間が縛られるというデメリットもあります。

 

「手っ取り早く資格が欲しい」という方はスクールがおススメです。近所に大学がある方は学生さん以外も通える講座があるかどうか調べてみましょう。

「あまりお金を掛けたくない」という方はひたすら自分でテキストを読みこみ、過去問を解いて出題傾向を分析しましょう。スクールより時間はかかるかもしれませんが…。

 

個人的には、

が良いと思っています。何故ならフリーライターさんの方が投資した金額を早く回収できるからです。そして兼業ライターさんは、講座に行く時間はお仕事をしてる方が多いからです。

 

とは言ってもライフスタイルや価値観は様々なので、自分に合った方法で勉強しましょう。

私から言えるのは「10万つぎ込むか、ひたすら過去問を解くだけで国家資格が取れるよ!!」 の一言です(笑)

 

3級でも2級でも、FPを志す皆さまに良い結果が訪れますように。

ライターが2級FPを取ったほうが良い理由

ライターだけど、2級FPは持っていた方が良いの?

 

f:id:asa123001:20200119144727j:plain

 

「ライターは稼げない」という声を耳にしますが、文字単価を上げるために良い方法の1つとして「資格を取る」という方法が挙げられます。

その中でもおすすめなのは「2級FP技能士

金融関係の資格で、個々人のライフプランに応じて資産設計のアドバイスをする為の資格です。保険会社の方や銀行員さんが持ってることが多いですね。

私も2級FPを持っていますが、ライティングを始める前に別の理由で取りました。

ずっと眠っていた資格でしたが、おそらく2級FPを持っていなければとっくにライターを辞めていたと思います。

 

今回は

何故ライターは2級FPを持っていた方が良いのか?

2級FPを持っていたらライティングでどんな役に立つのか?

何故他の資格ではなく2級FPなのか?

をご紹介していきます。

 

2級FPを取る事のメリット

私がライティングをしていて感じた、2級FPを持つメリットを見ていきましょう。

1.文字単価が上がる

私の場合クラウドソーシングで10件程実績を積むと、金融系は文字単価が2円以上の案件に受かるようになりました。2か月目で文字単価5円の募集に通過した時は「え、いいの?!」とビックリしましたが資格を持っていたおかげでしょう。

 

2.応募できる案件が増える

金融系のライティングでは「FP資格必須」「2級以上のFP資格保有者のみ」という資格保有者のみを募集する案件をちらほら見かけます。もちろん文字単価高めです。

また「資格保有必須」の文言がなくても、「2級FPを持っていらっしゃるなら安心です」と言われたことがあるのでやはり資格を持っていた方が通過率が高いようです。

 

3.専門性の高いライターになれる

ライターとして文字単価を上げるには「専門性の高いライターになる」ことが重要です。あらゆる記事に対応できるマルチライターとして活躍してらっしゃる方もいらっしゃいますが、「文字単価を早く上げたい!」という方は専門ライターになるのが近道です。

周りで高収入なライターさんは専門ライターが多いです。安定して収入を得たい方は、金融・医療・不動産・IT・人材など稼げる分野の専門ライターを目指しましょう。

私もまだまだ高収入とは言えないので(笑)、目指している最中です。

一緒に頑張りましょう♪

 

何故2級FPなのか?

「持っていた方が良いのは分かったけど、数ある資格の中で何故2級FPなの?」と思われる方もいらっしゃる事でしょう。

「国家資格のわりに手間がかからず、コスパが良い」からです。

 

例えば医療系の国家資格は専門の大学等に通って必須の講習を決められた時間受けて、テストをクリアしなければなりません。そして取得した後も更新のために所定の時間勉強しなければならず、資格保有を維持するのにお金も手間もかかります。

その点FPは更新の必要が無いのでランニングコストもかかりませんし、テストにさえ受かれば良いので国家資格としてはハードルが低い方です。

 

そして文字単価も上がるので、ライターにとってメリットが大きい資格の一つと言えるでしょう。迷ってらっしゃる方は、まず難易度がそこまで高くない3級を勉強してみてはいかがでしょうか?

 

「うーん、でも難しそう」「2級はけっこう取るのは大変なの?」と思われる皆様のために、次回は私が2級FPを取るまでをご紹介していきます。

良かったら次回もご覧ください☆

副業始めて4,5か月目で挫折を経験したよというお話

前回、副業始めて3か月で10万円の収入を突破した記事を書きました。

 

asa123001.hatenablog.com

 この記事は当ブログの中で一番アクセス数が多く、ご覧頂いた方には非常に感謝です。

あれから2か月、どうしていたかと言うと本業で忙しかったり、体調を崩したりと色々あった中ライティングではバッキバキに心が折れていました。

 

f:id:asa123001:20191201202550j:plain

 

「10万円稼げるようになってハッピーエンド♪」なんて甘い世界は存在しませんでした。

今回は副業で10万円稼いだ会社員が挫折→復活するまでを書いていきたいと思います。もちろん体を張った実話となっております。

 

挫折その①:直接契約がポシャる

当ブログからお問合せ頂き、直接契約で記事を15記事前後書くことになりました。

文字単価は2.5円、期間は2か月弱です。お相手は法人ですがほぼ個人経営のようなクライアント様でした。しかし私が書いたことのないジャンルで、どちらかと言えば金融系と言うより士業の方が向いているような内容。

有難い話ですが、この時点で「何故私に…?」と疑問が。

そして契約書の類の話題が一切出てこなかったので「大丈夫かな?」と心配になりました。せめて秘密保持契約書交わさなくて大丈夫なの…?

 

クライアント様の話では最初の1記事納品→前受け金(総額の3割)振込→残りの記事納品→残額支払いという形でした。

会社のホームページも見せて頂いたので、お金もちゃんと頂けるようだし信頼しても大丈夫かな?という気持ちに。

1記事納品したところで事件が起きました。クライアント様にご案内頂いたサイトを参考にしてその旨も書きましたが

「内容に間違いが多い。その理由として世の中の記事は嘘だらけであることが考えられます(以下略)」

いや、間違ってるなら私が悪い。素直に謝り修正するのは当たり前だ。

しかし「世の中の記事は嘘だらけって何!?ライターの端くれとして許せん!!」と般若の私。

そもそも「嘘だらけ」のサイトを参考にしろって言うのもおかしな話ですし、ネットの情報を信じていないならネットで宣伝・販促しない方が良いのでは…?

一気に信頼感がなくなり、私が参考にした書籍への暴言等もあり契約は破談になりました。

もちろん最初の1記事のお金は支払ってもらいましたが…。今後直接契約の際はもう少し慎重に行こうかと思います。

 

挫折その②:調子に乗る

10万円を稼いだことで天狗になりました。ごめんなさい。

クラウドソーシングでも直接契約でも「文字単価が高い仕事が良い」と調子に乗りましたが、所詮まだライター歴一年未満のペーペーなので大手メディアに相手にされるわけがありません。

クラウドソーシングしか知らない井の中の蛙の筈ですが、うっかり知らずに某大手金融メディアに直接応募してしまいました。恥。もちろん返信は来ませんでした。

そして文字単価が高めの記事のテストライティングを受けて修正が数え切れないほど入っており、不採用。テストライティングで落ちたのは、全然興味の無い恋愛記事以来2回目だったため大変ショックでした。

しかし今の私には分不相応の案件だったのです。

今考えると穴があったら入りたい出来事です。

 

挫折その③:体調を崩す、本業が忙しい

下の記事でも書きましたが、婦人科系で体調を崩していました。今も本調子ではなくセーブ気味です。

 

asa123001.hatenablog.com

 そして本業も転職直後だったため忙しく、ライティングに割ける時間はなかなかありませんでした。

結果9月に10万を超えた翌月・10月のライティング収入はなんと2万円。

ちなみに11月は1万円くらいですかね。モチベーションも地に落ちていました。

 

しかしここで辞める訳にはいきません。成功と挫折はセットなのです!!たぶん(笑)

また「書いていて面白い!」という気持ちを味わいたい。「多くの方に分かりやすくサクッと情報をお届けしたい」という目標も果たしていない。

そして何より金銭的に火の車!!(笑)

 

というわけで色んな目標のためにこれから復活すべくぼちぼち頑張っていきたいと思います。まずは初心に戻って謙虚な気持ちでコツコツと直接契約の営業をしていこうかと。

ライターの皆さん、お仕事や副業をされている方、これからもお互い頑張りましょう。

お仕事のご依頼について

f:id:asa123001:20191115203852j:plain

 

この度は拙ブログをご覧いただき有難うございます。

Webライター・田中あさみは記事の構成・執筆・校正(主に薬機チェック)を承っております。

これまでの主な執筆実績は以下の通りになります。

 

asa123001.hatenablog.com

 

金融系:文字単価3円~

医療系:文字単価2.5円~

※MR認定資格・2級FP技能士資格保有のため

それ以外のジャンル:応相談

薬機チェック:応相談

 

【得意分野】

金融・医療系記事の執筆

薬機法チェック

医療は製薬会社・医療機関勤務の経験あり。

金融系記事は150本ほどの執筆実績あり。

 

【記事を書く上でのモットー】

  • コンテンツの内容や専門性重視
  • 深く広く分かりやすく
  • 情報源はなるべくパブリックで信憑性の高いものを
  • 表や図を用いた記事作成(文字数は少なめかもしれません)
  • 簡潔・シンプルで分かりやすさ重視
  • 中学生でもわかる文章表現
  • 提出前はコピペチェックツールを使って確認

 

【できないこと】

札幌以外での取材記事・本名での記名記事・顔写真を載せる事・法に触れる行為やモラルが著しく低い行為・無料での記事作成

 

【応相談】

札幌での取材記事・商品のモニターなど

ご要望にはできる限り柔軟に対応させていただきます。

 

ご興味を持っていただけた方・法人様はお問合せフォームよりご連絡下さい。

心よりお待ちしております!